カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

postheadericon 山へ

自分にピッタリのメガネをお探しなら/田中チェーン

娘さんよく聞けよ、山男にゃ惚れるなよ。という歌をダーク・ダックスが歌って。これは山男に惚れて結婚した場合、山で遭難してしまったら若後家さん。つまり、若くして未亡人になってしまうよ。という意味である。だから山男に惚れたら心配の毎日が待っていますよ。という歌だ。
しかし、それは今は昔の話、今では文明も発達し、昔に比べ遭難している人の発見し、生存させる割合はだいぶ高くなっているそうだ。もっとも、それでも遭難してしまうと命が危険であり、心配しなきゃならないのには変わりはないが、昔に比べれば山男に惚れてもそんなに心配しなくても済むようにはなった。

山といえば、富士山だ。2013年の世界遺産に登録されて依頼、富士山に登山をする人は増えた。昔から登山をする人はいたが、今年の登山者数はかなり増えて富士山はにわかに活気づいているそうだ。
しかしその反面、様々な問題が押し寄せている。一つは、山を甘く見ている人による人が増えたり、モラルのない人によるゴミのポイ捨てなど。綺麗な山が近くで見たら汚い山になってしまっているということがある。もしあなたがこれから富士山に登ろうとしているのなら、必要最低限のマナーは守り、登山するように心がけてもらいたい。

富士s男と言ったら、結構うっかり忘れがちなのが双眼鏡だ。せっかくの日本一の山、ただ漠然と登ったのでは面白みがない。色々なものを見渡してみることも楽しみの一つであり、それに必須なのが双眼鏡だ。双眼鏡の使い方は様々ある。バードウォッチングや、山の頂から覗く風景。人の目では見えないものも双眼鏡越しなtらよく見えるというものだ。

という訳で今回は、富士山を登る人のために用意しなきゃいけないものを色々と説明しておこう。登山には装備もだが、心構えというものも用意しなければならない。

八方尾根自然研究路でトレッキングを楽しむ【ビーウェーブ】
登山するならブラックダイヤモンドを身につけよう|楽山荘